オフィスを借りよう

駅直結のオフィス賃貸をお探しの方

部屋へのスムーズなアクセスも魅力

オフィス賃貸の名古屋での探し方

駅直結なら通勤や来客対応もしやすい

オフィスビルは、通常は駅から一定の距離があります。
都市部であれば地下鉄などの交通網も整備されているので、徒歩5分圏内で多くの建物に行けます。
とは言いながら、外を歩けば雨に濡れる可能性もあり、もっと利便性のいいオフィス賃貸を探したいと考えるかもしれません。
名古屋も全国を代表する都市部ですから、多くのオフィスビルがあります。
利便性を考えるのであれば、駅直結タイプがいいかもしれません。
地下鉄の駅などは、大抵地下通路などとつながっています。
少し離れていても、地下通路がつながっていて外に出なくても直接建物に入れるところがあります。


一戸建ての住宅に比べると、オフィスビルなどは地震で倒壊する心配は少ないでしょう。
新しい建物なら当然耐震基準を満たしていますし、古い建物でも耐震工事などが行われています。
耐震は、地震が来ても倒れない設計であって、揺れないわけではありません。
大きな地震が来ると室内などが大きく揺れる可能性があり、電子機器などがめちゃめちゃになったり、製品などの価値も無くなってしまうかもしれません。
名古屋でオフィス賃貸を探すときは、建物に地震対策が取られているかで選ぶときがあります。
耐震だけでなく、制震性能、免震性能がある物件もあります。

見晴らしのいい高層のフロアを借りる

住宅用の分譲マンションなどでは、タワーマンションの高層階が人気とされます。
高層階といえば何といっても眺望の良さがあります。
窓から見ると、町並みなどを見降ろすことができます。
その他遠くまで見えるので、大きな山が見えたり、海が見えたりするかもしれません。
オフィス賃貸では、必ずしも眺望が良ければいいわけではないですが、社員のやる気が上ったり、お客さんに来てもらいやすくなるなどのメリットがあります。
名古屋のオフィスビルにも高層タイプの物件があり、空室ができる時があります。
それを狙えば見晴らしのいい部屋が借りられるかもしれません。


会社によっては、ショールームなどをフロア内に設けるところがあるでしょう。
お客さんに商品などを見てもらうためのスペースで、わざわざ来てもらうときもあれば、通りがけに入ってもらったりもするでしょう。
名古屋でオフィス賃貸を利用するとき、ショールームなどを運営するのであれば1階の物件を探すと良いかもしれません。
2階以上だと、通りがけに入ってもらうのは難しいです。
1階なら簡単に入ってもらえます。
ただし、1階と2階以上だと賃料に大きな差が生じる時があります。
1階の方が高くなるケースが多く、費用対効果を考慮して選ぶ必要があります。

人気記事ランキング